仙台十七歯科医院
仙台十七歯科医院 仙台十七歯科医院

若林区なないろの里(旧荒井)。口腔外科専門医のいる歯科医院。

 022-354-1719

【診療時間】9:00-12:30 / 14:30-19:00   【休診】木・日・祝日  ※ 祝日が平日の場合、木曜は診療

被せ物・審美治療・インプラント・入れ歯

補綴処置(機能回復)について

歯を失った場合、被せ物や入れ歯などの人工物で補うことを補綴処置といいます。
失った範囲や口腔内の状態によってどのような治療法を選択するかご相談を行います。
当院では通常の保険診療に加え高精度・高品質の補綴物(オールセラミクス)もご選択いただけます。※自由診療(保険外診療)

 審美歯科治療

前歯・奥歯問わず、審美性・強度の面からベストな選択をしていただけるようお手伝いさせていただきます。失った天然歯にできるだけ近づけられるよう、お一人お一人に合う物を完全オーダーメイドで制作いたします。
歯を削らずに歯を白く美しくする方法としてホワイトニングを準備しております。
歯の着色には主に4つの原因が考えられ(先天性の着色・喫煙や食生活・歯の神経の治療後・加齢変化)、それぞれに合った方法をご相談させていただきます。

審美歯科

 歯を失った部分に対してのインプラント治療※自由診療(保険外診療)

インプラントとは、骨の中にインプラント体(小さなネジのようなもの)を埋め込み歯の頭となる部分を立て失った歯を「人工歯根」で解決していく治療です。
当院では、長期的な成功および安全性が多くの臨床研究により裏付けられているメーカー(ストローマンインプラント)を主に使用しております。
インプラント治療は入れ歯やブリッジなどとは異なり、新たに歯を削ることがありませんので、失った部位の隣在歯には負担がかからない、異物感が少ないという利点があります。実際来院される患者様からは、「費用や治療期間が心配」、「耐久性や使い心地はどうなのか」といったご質問を多く頂戴します。
なかでも「やはり手術なので怖い」という声を多く頂戴します。
当院のインプラントは、施術は口腔外科専門医・指導医が行いますので安心を感じていただけます。ご希望時は歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法をご準備いたしますので、リラックスした状態のまま治療が完了いたします。
 
また、治療環境にも配慮しております。

・完全個室による徹底的な滅菌
器具、機材、ガウンが滅菌されている事はもちろん、手術を行う場所も、より清潔な場所で行いたいという当院の信念があるため、インプラント治療は空気清浄を行った完全個室で行います。

・高精度の医療機器との連携
精密な施術のため当院ではインプラントシミュレーションソフトを導入しています。このソフトを使用することにより、インプラントを埋入する部位・方向・神経との距離関係などを綿密に計画し、より安全に治療することが可能です。

当院は患者様と向き合いながら、真摯に対応いたします。

インプラント治療

 インプラントの基礎知識

・インプラントの合併症に関して

インプラント治療は正しく行えば決して怖いものではありません。
しかしながら土台を骨に植える処置は手術である以上、術後合併症を来す可能性があります。 起こりうる合併症についても十分にご理解いただき、仮にそのような状況に陥った場合も、どのように対処すべきか 、どのような経過を辿るのかといったことを事前に私達と一緒に把握して頂く必要がございます。

・起こりうる合併症と対策

インプラント手術関連の重篤な医療トラブルで最も多いのは、①下顎の内部に走行する神経をドリルで損傷したことによる痺れの発現、次いで多いのが、②上顎に在る空洞(上顎洞)へのインプラント体の迷入、上顎洞の炎症が挙げられます。他、インプラント周囲炎、異常出血、ドリルの骨外穿孔等が起こりえます。これらの合併症を防ぐには、先ずは術前の十分な診断が大切で、とくに、ドリルを行う骨を3次元的に評価できるCTの有用性が極めて高いと言われています。当院は院内に低被曝のコーンビームCTを完備しておりますので、同装置を利用した入念な分析を経ることで計画通りの場所に埋入できるため従来法よりも格段に安全になりました。

・全身疾患、喫煙の影響

コントロール不良の糖尿病やステロイド投与中の方、喫煙されている方は、手術時だけでなく、その後もインプラント周囲の炎症、感染といった合併症を起こし易くなります。炎症や感染がひどくなるとインプラントが脱落する可能性もあります。

・口腔機能ケアの重要性

インプラント治療においても通常の歯牙と同様、口腔ケアはたいへん重要です。術前には口全体の口腔衛生指導やクリーニングなどの処置を受け、術後も歯科医院での定期的なチェックや専門的クリーニングを受ける必要があります。手術前後だけでなく、インプラントで噛めるようになった後も、周囲炎を予防してインプラントを長持ちさせるために口腔機能ケアは必須のものとなっています。

 入れ歯(義歯)治療による機能回復

入れ歯はお口の中の状態により安定までに要する経過が大きく異なります。
入れ歯で苦労されている患者様にはまず、お口の粘膜状態の改善・リハビリから開始いたします。その後、適合精度の高い義歯をしっかりと噛み合わせを調整し装着することで快適な噛み心地を得ることができます。
本院は入れ歯専門の技工士と密な連携を図り、より自然に近い入れ歯作りを行なっております。

 BPSシステムとは

本システムは次の様な皆様のための治療法です。※自由診療(保険外診療)

・はじめに歯を失ってから徐々に歯並び・かみ合わせに変化を感じており、うまく噛めない。
・お口の中の環境が徐々に悪化している気がする、歯を失う状況が続いている。
・入れ歯になってから、噛むと痛みが出現し何でも食べられない、食事が美味しく感じない。
・食事や会話をしていると入れ歯が外れたり、浮いてくる。

BPSシステム®(イボクラールビバデント社)はヨーロッパ・リヒテンシュタイン発の、補綴物製作システムです。(※BPSとは、Biofunctional Prosthetic System【生体機能的補綴システム】の略。)
本システムは全ての歯科医院で導入しているわけではなく、製作過程で使用する材料、器具なども非常に高品質なものを使っているためしっかり噛め、見た目も美しい補綴物を効率よく製作することが出来ます。
前述のような症状をお持ちでも、現状を諦めることなく、歯科医師・歯科技工士と一緒に二人三脚で治療を進めることで大きな機能回復が期待できます。

[BPSによる義歯製作過程の一例]

・出来るだけ自然な口の動きに合わせて型を採る(閉口機能印象)
・精密な上下の義歯の位置関係の再現(セントリックトレーとナソメーター)
・模型を詳細に分析し歯を並べる位置を決める(模型分析)
・顎の生理的な動きに合致した人工歯(フォナレス人工歯)
・歪のない重合法(イボカップ)

等、他の補綴物製作には無い特徴があります。

BPSではこれらの作業をBPS公認歯科技工士と一緒に行います。皆様のお顔、お口をともに診察することで、医療従事者それぞれが情報を共有、連携することで、よく噛め、痛くない、外れない、見た目に美しい総義歯ができます。

模型分析

模型分析

理想的な噛み合わせに向け問題点を修正

理想的な噛み合わせに向け問題点を修正

治療用義歯による口腔内環境の改善

治療用義歯による口腔内環境の改善

BPSシステムを利用し完成した義歯

BPSシステムを利用し完成した義歯

BPSシステムを利用し完成した義歯

BPSシステムを利用し完成した義歯

BPSシステムを利用し完成した義歯

当院では、歯を失った皆様にもできるだけ快適な生活をお過ごしいただけるよう義歯、インプラントを含めた複数の選択肢を準備し皆様をお迎えいたします。